これを見つけたら要注意!シロアリが住み着いていることを見つけよう

こんな時には要注意

シロアリなどの害虫被害は、普段からの生活で初期症状を発見することができます。木の部分を食べつくされてしまうと、最悪家が倒壊する恐れも出てきてしまいます。そこで、ここではシロアリ被害にいち早く気付くための知識をまとめていきます。

シロアリ被害が出ると危険な箇所&早期発見のポイントを紹介

虫

シロアリが飛んでいる

シロアリを自宅の中で見かけたら要注意です。シロアリは基本的に土の中に巣を作って生活します。ですが、木を食べるために、地中へでてきます。もしその時に運よく見かけたら巣があることを疑った方がいいでしょう。

作業員

生活に違和感を感じる

なんだか最近床のきしみが気になる、ドアが上手く開かないなどの違和感を感じる場合は、シロアリ被害を受けているかもしれません。もし床部分をシロアリが食べていた場合このような症状がでてくるので違和感を感じるでしょう。

虫

蟻道がある

シロアリは木から巣までに蟻道を作ります。食べかすや土、排せつ物を使用してトンネル状につくられているものです。この蟻道のおかげで、太陽が苦手なシロアリでも巣から木まで問題なく移動することができるのです。このようなものが見つかれば、シロアリを疑っておきましょう。

シロアリ被害が出ると危険な箇所ランキング

作業員
no.1

壁紙などが破られたり、少しの隙間から侵入して見えない柱の部分が食い散らかされたりします。わざわざ壁の内側までシロアリ調査をすることがないので、発見が遅れて危険な状態で発見されることも珍しくありません。

no.2

土台

土台部分も柱と同様にシロアリが隙間から侵入して住みついてしまうでしょう。土台は基礎本体の外側に別の層がくっついており、隙間が出来やすいので防ぐのは難しいでしょう。

no.3

床束

最近の住宅は床束に金属やプラスチックが使用されているので、シロアリ被害が減っています。ですが、木製の家では被害が出るでしょう。

no.4

浴室

タイル張りの浴室が多かった頃は、水漏れやシロアリの被害が目立っていました。シロアリがそこらへんにいて衛生的によくありませんでした。

no.5

トイレ

最近は床張りのトイレが増えているので、被害は減ってきています。少し前に良く見られたタイル張りのトイレだと、シロアリが床に散らばっていることも珍しくありませんでした。

みんなの疑問を見てみよう

どんな所に被害が出やすいかわかったと思います。ここからは、駆除業者に寄せられた皆さんの疑問を見てきましょう。

害虫駆除に関するQ&A

主婦

完全にゴキブリ駆除をしてもらうことはできますか?

業者によって駆除の方法が変わりますが、完全にいなくなったとしてもゴキブリはまた住みつく可能性があります。なので、ゴキブリ駆除した後に発生しにくいような環境にすると、二度とみることはなくなるでしょう。

トコジラミ駆除の方法を教えてください

ダニやノミと違い駆除が難しいです。基本的にトコジラミは他の虫と同じように高温に弱いと言われています。トコジラミがいる可能性のあるものは、60度以上のお湯で5分以上漬け込むようにしましょう。薬剤など体に影響与えるものを使わないのでおすすめです。

どうやったらシロアリ対策を行うことができますか?

一番有効な方法はとにかく侵入を許さないということです。家を開けっぱなしにしていることが多いと、いつのまにか侵入されてしまいます。また、外に木を放置するなど、シロアリが好む環境を作らないことも必要です。